5月7日の給食

5月7日.JPG

中華ちまき
わんたんスープ
舟きゅうり
おかしな目玉焼き
牛乳

 5月5日はこどもの日です。桃の節句に対し端午の節句と呼び、こどもの成長と幸せを願い、鯉のぼりをあげたり、菖蒲湯に入ったり、柏餅やちまきを食べる風習があります。柏餅は、3月になると新芽が餅をくるめる大きさになります。その新芽が育つまで前の葉が落ちないので、子孫繁栄の縁起をかついだものだそうです。今日の給食は、5日は過ぎてしまいましたが、こどもの日にちなんで、『中華ちまき』の献立です。
 『中華ちまき』は中国の故事にちなんだもので、もち米に豚肉、たけのこ、しいたけなどを入れて、竹の皮で包み蒸したものです。
 また『おかしな目玉焼き』は真ん中の黄身の部分は黄桃、まわりの白身の部分はカルピスゼリーで作った、デザートです。

更新日:2019年05月08日 08:57:52