「明日も通いたい」学校へ

校長  鈴木 哲哉
 保護者の皆様、お子様のご入学、ご進級、おめでとうございます。本日、新1年生を迎え、全14学級で今年度の教育活動がスタートしました。まだまだ感染症対策を行いながらの学校運営となりますが、今年度も教育理念・児童一人一人を大切に、教職員一同、教育目標の実現に向け、力を合わせていきます。そして、すべてのこどもが「今日の学校生活が楽しく、明日も通いたい」学校となるよう、努めてまいります。今年度、教育目標の実現に向け以下、重点的に取り組んでまいります。
〈自ら考え行動する子を育てるために〉
・「おなぎ学習スタイル」の「つかむ」「考える」「学び合う」「まとめる」4過程の授業展開を実践します。課題把握・自力解決・交流解決・振り返りの過程を通して、見通しをもって、主体的・協働的に学べるようにします。
・「GIGAおなぎ」で、クロームブックやICTを日常的に活用し、学びの探究と共有化を図ります。
 ・生活・学習のきまり「おなぎスタンダード」で、基本定着を図ります。
 ・俳句大会・漢字コンテストを定期開催し、言語に親しめるようにします。
・児童の実態や特性に応じた指導や自立支援のために、講師・支援員等を適材適所で活用するとともに、
通級教室と連携します。算数科で習熟度指導を行います。
〈思いやりのある子を育てるために〉
・考え、議論する「特別の教科 道徳」授業を毎週実施し、自分の今と未来を考えられるようにします。
・「聴く」を土台に、支持的な学級をつくり、自他を思いやる心を育みます。  
・縦割り班活動や保幼小中連携を通して、他者と共生する実践的態度を育てます。
〈明るくたくましい子を育てるために〉
 ・なわとび・ランニング週間を実施し、運動に親しむ習慣を付けます。
 ・生活リズム週間、栄養指導を行い、家庭と共に生活習慣の定着を図ります。
 ・全学級の挨拶当番、中学校との挨拶交流、校内での会釈励行で、人と人を結ぶ挨拶の大切さを実感できるようにします。
 ・学校行事を精選・工夫して実施し、児童が共に作り上げ、やり遂げることで、達成感・成就感を味わい、
自己肯定感や自信・意欲を高めます。
・キャリア・パスポートを活用して、目標に向けて、続けて取り組む姿勢を育みます。

今年度は展覧会を開催します。開校75周年を記念し、児童の個性あふれる作品で学校を彩りたいと考えています。保護者・地域の皆様と共にチーム小名木川小で力を合わせて笑顔と活気に満ちあふれた学校をつくっていきましょう。今年度も本校の教育活動にご理解とご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

更新日:2022年04月11日 14:02:25